Install Theme

Your web-browser is very outdated, and as such, this website may not display properly. Please consider upgrading to a modern, faster and more secure browser. Click here to do so.

けむぞうの新備忘録

文字通りの備忘録という事で。なのでチラシの裏的な内容が多いかも。
8月 30 '14
nise3kawan:

1409237127687.jpg

艦むすのかっこいい画 - 艦これ@ふたばhttp://dec.2chan.net/60/res/1016938.htm

nise3kawan:

1409237127687.jpg

艦むすのかっこいい画 - 艦これ@ふたば
http://dec.2chan.net/60/res/1016938.htm

8月 30 '14
8月 29 '14
"実際に病院を経営して黒字を出すには、いくつかの条件が必要です。

○救急科のような不採算部門を持たないこと
○短期間で確実に退院させられる患者のみ受け入れること
○入院中に、高額の診療行為を集中して行うことができること
○激安の保険診療での採算をあきらめ、保険外収入で利益を得ること

これらの条件を果たした場合のみ、まともに採算を取ることができます。

眼科病院や整形外科病院で、短期入院→手術→退院の患者を受け入れること
産科病院や美容外科部門で保険外医療行為を行うこと

このような場合であれば、利益も出るでしょう。"
8月 28 '14
"

邦画における「漫画原作の映画化」において、珍作ということで必ず話題に上るのが「ルパン三世 念力珍作戦」(74年)である。何十年たっても語り継がれるほど難しい題材なのに、それをまた実写にしようというのだからよほどの自信があるのだろうと思われたが、ふたを開ければ念力珍作戦を上回るトンデモ映画であった。

若き大泥棒ルパン三世(小栗旬)は泣く子も黙る大泥棒だが、峰不二子(黒木メイサ)を救うため、せっかく盗んだ大事なお宝を簡単に手放すほど情に厚い男。ところがその優しさを利用され裏切られたばかりか、大恩あるドーソン(ニック・テイト)の命まで奪われてしまう。そんなルパンは信用できそうな次元(玉山鉄二)と組み、さらに石川五ェ門(綾野剛)を呼び寄せ秘宝をめぐる復讐戦に挑む。

キャスティングはどうあれ、「念力珍作戦」はその時代らしさがよく出たコメディとしては悪いもので はなかった。珍作ではあるし、誰もが期待するルパン三世とは大きくかけ離れてはいるが、映画自体は 意外な実力者、といったことでどこか愛されている印象だ。

ところが14年版「ルパン三世」にはそういう愛らしさがない。

映画全体が発する自己顕示欲とでもいおうか、「このアクションカッコいいだろう」「このポーズ、格好いいだろう」「このセリフ」「この衣装」「この(略)」と、ものすごい押し出し感である。

"
8月 28 '14
"イースの移植の話が始まったのは、僕がハドソンでPC-8801(Mk2 SR)版イース2にハマっていたから。
1989年1月、デビュー作の「凄ノ王伝説」がデバッグに入っていてヒマになったのもあり、北海道のハドソン本社4Fの開発ルームの隅にあった企画のエリアに入り浸ってイースII(88年末発売)で遊び倒していた。
そこに当時ハドソンの常務だった(と記憶している)中本さんが「そんなに面白いんだったら移植をしないか?」ともちかけてきた。
当時、僕はROMの容量の厳しさにウンザリしてた。
そしてCD-Iの開発でCDROMを経験してたからCDのメリットと弱点を知り尽くしている自信があった。だから容量制限が実質ないCDROMでゲームを作りたくてしょうがなかった。
で、中本さんの話に「イースって1と2を合わせて1つの話になるように出来ているんだわ。だから1・2合わせて一本にすれば、CDROMの大容量のアピールになるし、売れる。それならやるよ」と返事をしたら、中本さんは絶大に行動力のある人で、たちまち僕を連れて、当時立川にあった(今でもあるのだろうか?)ファルコムに行くという話になった。

当時、ファルコムとハドソンの仲はあまりよくなかった。
というのもファルコムの代表作である「ザナドゥ」をハドソンが「ファザナドゥ」というタイトルでファミコンに移植したのだが、これがファルコムの機嫌を損ねるようなオリジナルからはかけ離れた移植だったからだ。
名誉のために書いておくと「ファザナドゥ」はザナドゥの移植と考えなければ、結構遊べる…というより、出来がいいアクション(RPG要素もある)の佳作だ。
だが、いかんせん「ザナドゥの移植」と言われたら?な作品なのも間違いなく、そして、もちろん買ってプレイした人は、当時絶大な人気のあった「あのザナドゥ」のつもりで買っているわけで、とても評判が悪かったわけだ。

そんなわけで中本さんに連れられていったファルコムでの扱いも大変厳しく(苦笑)、どんな移植をするつもりなんだと言われ「CDの容量を活かして2本を1つにまとめ、オリジナルを尊重して、音楽は…」などと説明しても、当時の社長だった加藤さん(現会長?)の表情は硬く、会議の間じゅう、何かと皮肉を言われるような状況だった(もちろん皮肉は「ファザナドゥ」についてだった)。

そして、いくらなら移植を…という話になったとき、加藤社長は、かなりふっかけた値段を言ったと思う。
正直、移植して欲しくなかったのだろう。といって(今までの)ハドソンとの付き合いもあるわけで、断るわけにもいかないから「この値段なら移植されてもしょうがないが、まず諦めるだろう」ぐらいの金額をふっかけたのだ、と今は思っている。
ところが中本さんはその価格を即決。
しかも営業のZが「それじゃあ元が取れない」と文句を言ったのを「これでCDROMの台数を増やして元を取ればいいべ!」と言い放ってしまったのだ。
正直、痺れた。
凄ノ王伝説なんてワケのわからないRPGを1本作っただけの(一応それなりに売れたから赤字ではなかったと思うけれど…)、実力不明のワケのわかんねえガキが「1/2まとめてなら移植しますよ」とか偉そうに言ってるのをやらせたんだから、全くすごい度胸だったと思う。

まあ、とにもかくにもこんな流れでイースI・IIの開発は始まった。"
8月 28 '14
"  ちなみに実家で飲食業(酒の比重割合高し)を営む両親が言っていた、
  金にはなるが出来ればご遠慮したい団体様

  ・教師、銀行員、肉体派公務員
    社会の目が厳しく普段抑圧されている分、酒が入り
    尚且つ貸切で世間から隔絶された時のはじけっぷりがパナイ。
    特に肉体派は体力に物を言わせるから大変。
    ただし、シラフに戻った時の可愛らしさはこのグループでは一番w

  ・事務派公務員
    所謂市役所の役人さま系。母に言わせると市民病院の看護士もこのカテに入るらしい
    閉じた社会で生きているからか、酔っても陰湿・ねちっこい。
    特に悪さはしないが、見ていて不愉快なこと甚だし。

  ・マスコミ
    最悪。
    世間の常識が一切通用しない。とにかく非常識。ひたすら下品。
    何にも制限される事無く理性を失い(元から無い?)
    欲望のままに己を解放するその姿には、いっそ清々しさすら覚えるほど。
    酔って暴れて、店・備品をを破壊する確立が群を抜いて高い。
    損害請求するも(∩゜д゜)アーアーきこえない。これをやるのはこいつらぐらい。

  だそうなw
"
8月 27 '14
"

実は、日本のラーメンは今や「Ramen」という名前で米国、英国、フランス、ドイツ、スペインなどに進出し、故郷の中国大陸にも逆上陸している。「ラー博」関係者によると、日本を除く世界のラーメン店の数は、欧米、アジアを中心に増えており、その数は13年2月現在、1,000店舗を超えている。特に、ニューヨークは既に、“Ramen激戦区”で、市内には日本のラーメン専門店が50~60店舗もあるそうだ。

また、経済産業省の「2013年度クール・ジャパン戦略推進事業」に選ばれたプロジェクトの一つが、何と、ラーメン関連だった。日本から欧州へのラーメン店の出店を促進していくというもので、「博多一風堂」などを展開する株式会社「力の源カンパニー」が申請・承認された。パリを中心に「Ramen」で日本文化のよさを伝え、外国人観光客を日本に誘致する「インバウンド」効果も狙っている。

まさに、「人類は麺類」-日清食品の創業者、安藤百福氏(故人)が発した言葉が響き渡っている。

"
8月 27 '14
"

中学生の頃の話です。

学校から帰る帰宅路の途中で猫を見付けた。
全身テラテラして様子がおかしかった。
友人と猫を脅かさないようにそろそろと近付くと猫は逃げずに佇んでいた。
近くに寄ると畑仕事していたらしいお婆さんがこちらに話しかけてきた。

「その猫そのお家でエサあげてたみたいだが、その家人が機嫌悪かったのか油をかけたんだよ。酷い事するよ」
確かに猫は油の様な光沢のある液体で濡れていた。
しかも、目に入った液体でやられたのか片目が膿んで血が出ていた。
とても見ていて可哀想だった。
私は猫を動物病院に連れていこうと友人達に言った。
皆、目を反らした。油で濡れた、しかも血が出ている猫を抱くのが嫌だったのだろう。誰も何も言わなかった。

ちょうどその日、私のクラスでプールがあった為私はタオルを持っていたので猫を包んで抱き上げた。顔を軽く拭いてあげた。かなりの量の油が拭えた。
友人の一人が鞄を持ってくれて、馴染みの動物病院まで行った。


獣医によると、顔にかかった油が汚れていた為、それが目に入り炎症を起こした。
それで目から血が出ていたようだ。
詳しくは検査しなければ分からないが野良猫の為これ以上は無理だ、とのこと。
炎症が酷いので、最悪手術が必要になるかもしれない。
金が掛かる。
私達は子供で大金はない。
目の前には、諦めた様な顔をした猫。

私は獣医に、親に相談してみる駄目だったら諦める明日また来ますと伝えて私達は帰宅した。
家に帰り親に相談した。
一生懸命訴えた。
既にうちには犬猫合わせ6匹居たのでその費用もバカにならなかった。
それでも両親は最終的に私の訴えを飲んでくれた。
苦しんでいるなら助けるのが人間の責任だと。

翌日母と動物病院まで行き、うちが面倒を見るので治療をお願いした。
速攻検査をした。
どうも、目から入った細菌が眼球を腐らせている様だった。
手術になる。猫の体力次第では…と獣医は言葉を濁した。
猫は高齢だった。
私達は猫の生命力に懸けた。
手術は成功した。猫は片目が無くなった。
眼球の回りの肉も腐っていたので少し削ったから目から血が出るが次第に止まるだろうと言われた。

685: 683 2014/08/25(月)23:44:18 ID:66wd9JtX4
暫くして退院した猫が家に来た。
先住猫も何か感じたのか、その猫に遠慮がちだった。というより、敬う様な感じ。
その猫は礼儀正しかった。
食事や粗相の際は一声鳴いた。
家の二階に上がるのに階段下で鳴き人を呼ぶ。
母が朝の六時半に起き朝の支度をするのだが、目覚ましの様にその時間にだけ響く様に鳴く。
それ以外は大人しく寝ていた。

そんな生活が2ヶ月は過ぎた頃、その日は突然訪れた。
朝の六時半いつもの様に猫は鳴き、母が起きた。
階段上で母が猫に挨拶をした。
その日は家人は皆早く起きる日だった。
母が挨拶し私達も挨拶しようと近付いたら母が泣いていた。
猫は安らかな顔で眠りに付いていた。
母が言うには、挨拶をしたら満足そうに横になりそのまま眠るように逝ったとのこと。
突然の別れだった。
翌日、家族で動物霊園に猫を埋葬した

毎日が平和だった中学生に起きた衝撃的な出来事でした。

686: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)00:15:40 ID:fHRBILB4s
»683
賢い良い猫だったんだね
683さんとご家族に出会えて幸せな最期だったと思う
683さんが凄く慈愛の精神のある優しい人で涙が出たよ

687: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)05:57:24 ID:SwWNSLhly
その猫は最期、
683さんの家で
幸せに過ごせたたんだね

"
8月 27 '14
"

人生は5つのボールをジャグリングしているようなものだ。その5つとは、仕事、家族、健康、友達、精神だ。

このうち、仕事のボールだけがゴムで出来ている。落としたとしてもちゃんとあなたのところに同じ強さで戻ってくる。

しかし他の4つは違う。これらはガラスのボールだ。落としてしまえば傷がつくかもしれないし、最悪割れてしまうかもしれない。決して元のままにはならないのだ。

これが現実だ。この現実に向き合って生きていかなくてはならない。

"
8月 27 '14
"83 名前: み子ちゃん(千葉県)[] 投稿日:2010/10/18(月) 23:58:17.25 ID:01DjOtyP0
前の会社で2億の機械を俺のミスでぶっ壊した時
社長はショックで声がでなくなりながらも振り絞るように
「君に怪我がなくてよかった。機械はまた買えばいい」と言ってくれた
その時、俺はこの社長に一生ついて行くと決意した"